【ブログ初心者】登録必須のASPは6つ!

これから紹介する6つのASPしか登録していないマーボーです。

アフィリエイトで収益を考えている方が必ず登録しなければならないASP。

まず、ASPって何?って思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか?
ASPという単語は知ってるけど、そもそもどういうものなのかと疑問に思っている方もいらっしゃると思います。

ASP(アフィリエイトサービスプロバイダー)とは
サイト運営者と企業などの広告主をつなぐ役割を担う広告代理店のようなものです。
ASPに登録を行うことで、サイト運営者は広告を取り扱うことができるようになります。

そしていろんなASPがある中でどれを選べばいいか迷っていませんか?
私もどれがいいか全然わかりませんでした。

結論から言うと複数のASPに登録した方がいいです。
なぜかというと同じ企業の広告でもASPによって広告単価が違う場合があるからです。
それとASPによって得意な分野というものがあって、一つのASPだと書きたい記事のジャンルの広告がないということもあり得るからです。

ここでは、登録から利用するまでの流れと、どのASPに登録すれば良いかを解説していきます。

審査の必要なASPでは、ある程度の記事数が必要になってきます。
目安としては5記事以上が必要です。
記事数が足りていない場合は審査不要のASPしか利用開始できませんが、審査が必要なASPは会員登録のみ行うことができます。

目次

ASPの登録から広告利用までの基本的な流れ

ブログを収益化しようとかアフィリエイトを始めようと思っても、まずはそこに至るまでの準備が必要です。

・会員登録
・広告を掲載するのに相応しいサイトか?の審査(審査が不要なASPもあります)
・広告ごとにある企業との提携審査(審査が不要な広告もあります)
・サイトに広告を掲載する

会員登録

まず初めに会員登録を行う必要があります。

サイト運営者用の登録と、企業などの広告主用の登録があります。

こちらは広告を掲載する側なので、サイト運営者用のメディア会員の登録をするようにしてください。

ASPの審査

会員登録の時に自分のWebサイトを登録するのですが、登録されたWebサイトが広告を掲載するのに相応しいサイトかどうかの審査があります。

これには数日かかるASPもあるので、ある程度の記事数が書けていたらすぐに登録することをお勧めします。

例え審査に落ちたとしても、再度審査を申し込むことができますのでご安心ください。

審査が必要のないASPもあります。(A8.net

提携審査

さて、無事にASPの審査が通ったというところですが、今度は広告ごとに企業と提携するための審査があります。

これにも数日必要な場合がありますので、余裕を持って申請するようにしてください。

全ての広告に審査が必要なわけではなく、審査不要で即日利用可能な広告も多数掲載されています。

登録すべき6つのASP

ここでは最低でもこれだけは登録しておきたいASPを6つ紹介していきたいと思います。

登録すべき6つのASP

【審査なし】
 A8.net
【審査あり】
 もしもアフィリエイト
 afb
 アクセストレード
 バリューコマース
 Smart-C

これだけは登録しておこう!

A8.net(審査なし)

A8.net

まず一番初めに登録しておくべきサイトは『A8.net』です。

なぜ一番初めに登録しておくべきかというと、最大手のASPで扱っている広告数、ジャンルが多いからです。
さらに、サイトの審査がないので登録直後からアフィリエイトを始められるからです。

ここを登録しておけば大体の広告はカバーできるのではないでしょうか。

気になる点を挙げるとするなら、報酬の振り込み手数料があるというところです。

もしもアフィリエイト(審査あり)

もしもアフィリエイト

もしもアフィリエイト』の登録には審査が必要です。

以前は審査がなかったらしいですが、私が登録する時には審査がありました。

審査を受けるには、5記事以上のコンテンツがある状態で審査してくださいということが記載されています。

審査に通過すると、『楽天アフィリエイト』『ConoHa WING』『ロリポップ』の広告が自動で提携されます。

また、審査が必要ですが『Amazonアソシエイト』と提携することができます。
『Amazonアソシエイト』は直接申請すると審査が厳しいことで有名ですが、『もしもアフィリエイト』を通すと審査が通りやすいと言われています。
当サイトでもあっさりと審査を通って提携することができました。

『楽天アフィリエイト』に関しては、直接提携するのに審査不要ですが、報酬の振り込み手数料がかかります。
『もしもアフィリエイト』を通して『楽天アフィリエイト』の広告を利用すると、報酬の振り込み手数料がかからないので、こちらで広告利用する方がお得です。

afb(審査あり)

afb

転職、美容、保険に強いASPと言われている『afb』です。

こちらの利用には審査が必要です。

報酬の支払いが、仮想通貨やポイント払いに対応しています。

アクセストレード(審査あり)

アクセストレード

『アクセストレード』は通信系、金融系に強いASPと言われています。

利用には審査が必要です。

バリューコマース(審査あり)

バリューコマース

『バリューコマース』の利用には審査が必要です。

『A8.net』に次ぐ大手のASPで、『A8.net』にない広告がこちらにあるということもあるそうです。

Smart-C(審査あり)

Smart-C

スマートフォンアプリに関する広告に強い『Smart-C』です。

ここの利用も審査が必要です。
当サイトでは5記事の時に申請してダメでしたが、1記事足して6記事で申請したら審査通過できました。

このASPの特徴として、登録したメディアによって広告案件が違うというところです。
実績を積むと案件が増えたりするみたいです。

まとめ

ASP(アフィリエイトサービスプロバイダー)とは
サイト運営者と企業などの広告主をつなぐ役割を担う広告代理店のようなものです。

ASPの登録から広告利用までの基本的な流れ
・会員登録
・広告を掲載するのに相応しいサイトか?の審査(審査が不要なASPもあります)
・広告ごとにある企業との提携審査(審査が不要な広告もあります)
・サイトに広告を掲載する

登録すべき6つのASP
【審査なし】
 A8.net
【審査あり】
 もしもアフィリエイト
 afb
 アクセストレード
 バリューコマース
 Smart-C

紹介した6つのASPを登録しておけば、ほぼ困ることはないと思います。

紹介した以外にもASPは多数ありますので、登録できるものは全て登録しておくとアフィリエイトの幅も広がっていいのではないのでしょうか。

紹介したASP以外にはこんなのがあります。
【審査なし】
・インフォトップ(情報商材)
・インフォカート(情報商材)
【審査あり】
・Zucks(アプリ系)
・Link-A(報酬が高い)
・楽天リンクシェア(楽天が運営)
・Janet(金融系、投資系)
など

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる